6月本例会レポート

平成29年6月22日(木)三条商工会議所4階研修室にて、講師に株式会社大建建設 住宅事業部 ハートライフDaiken 代表取締役社長 高橋秀彰氏をお招きし、テーマ「人財育成が自企業を強くする!」として、6月本例会を開催致しました。

 

 

 

 

 

始めに矢島会長より「先日の弥彦山登山では三条エコノミークラブの“よく遊べ”の精神で楽しい一日を過ごせたのではと思う。本日の例会は、“よく学べ”の精神を持ち、ただ聴くだけでなく、自社に置き換えて聴いて欲しい。」と挨拶がありました。

 

 

 

 

 

講演に移り、まず、ネガティブな情報に目を向ける必要があるとして、少子高齢化や消費税増税などによって縮小する市場について説明頂きました。そして、これからの企業は生産性の改革が必要となり、そのためには人財育成が重要であるとお話し頂きました。

 

 

 

 

 

人財育成にあたり、人は環境で育つとのお考えから社風を磨く必要性を説かれ、高橋講師が今まで実践してきた様々な取り組みについて具体的な内容を踏まえてご説明頂きました。

朝礼での経営計画の確認や清掃活動など、平凡な活動をやり続ける事で経営理念を浸透させ、組織の体質を強化することが出来るとお話しになりました。

 

 

 

 

 

講演の終わりに、良い会社にするためには、経営者がいかに手間をかけるかが重要だと説かれ、経営者は努力をする覚悟を持つ必要があるとお話頂きました。

 

 

 

 

 

続いて、高橋講師より「努力は運を支配する」と書かれた色紙を寄贈して頂きました。

 

 

 

 

 

例会の最後に、外山リーダーより「社員の成長があって自企業の発展があると考え、例会を企画した。人財の育成は一朝一夕にはならないが、本日の例会を糧にこれからの行動に繋げて頂けたらと思う。」と挨拶があり、例会が終了しました。

 

私自身、社員を抱える企業の次期経営者として、どのような覚悟を持って人財を育成していくかを考える良いきっかけとなりました。また、講師のお話の中には、エコノミークラブ活動の中で学んできたことも多く入っており、今までの学びを実践することで企業の発展に繋がるということを改めて感じることが出来ました。

 

広報委員会 小山 公一

Share Button
2017年7月3日