2016年度五十嵐川クリーン大作戦

2016年11月6日(日)早朝より五十嵐川クリーン作戦が行われました。

 

11月に入り、気温が下がる中、早朝の眠たい目を擦りながら続々と集まってくる参加者の皆様。

7.13水害の翌年から始まったこのクリーン作戦は、年々ゴミが少なくなっているようで、目につくゴミは殆どありませんでした。ですが、川の増減水で水位が上がる場所には木の板や、発泡スチロール、ビニールなど有害となり得るゴミが数多くみられました。
dsc_2871 dsc_2856 dsc_2852

河川敷を更に下り藪の中にそれらのゴミがありました、久保会長は目につくゴミを藪の中に飛び込み、拾われていました。まさに率先垂範を体現されておりました。
dsc_2862

それを見た参加者は刺激され藪の中へ飛び込みゴミを拾う姿が見て取れました。
畳一枚分もあるコンパネやお菓子の袋、たばこ等大量のゴミが大きなゴミ袋8袋程いっぱいになりました。
dsc_2874

遠目で見る河川敷は綺麗な芝が敷かれ美しく見えますが、土手を降り、実際に目を配るとまだまだゴミがどこからか運ばれて落ちているという現状がありました。

近年、地球温暖化で永久凍土の崩壊で二酸化炭素より濃度の濃いメタンガスが地中から湧いて出ており温暖化に拍車が叫ばれている中、地域住民一人一人が環境に対してもっと目を向ける事が地球温暖化を防ぐ一歩となる事だと思いました。我々三条エコノミークラブでも私達の子孫が残るこの地球に目を向けて活動する事も今後必要になってくるのでは無いかと感じました。
dsc_2879

 

 広報委員会 湯本辰典

Share Button
2016年12月19日