家族交流例会レポート

平成29年9月3日(日)三条ものづくり学校にて、家族交流例会を開催いたしました。

 

初めに矢島会長より「会員のご家族の皆様には、普段より三条エコノミークラブの活動にご理解頂きありがとうございます。今回の例会では、笑いの中でご家族同士の交流を深めて欲しい」と挨拶がありました。

 

 

 

 

 

次に、参加会員がそれぞれ家族紹介を行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いて、アトラクションの科学実験に移りました。

まず一つ目の実験は『ダンボール空気砲』です。

最初に委員会よりダンボール空気砲の原理を説明していただき、大きな実物を用いて実演していただきました。

 

 

 

 

 

その後、各家族がダンボール空気砲を作りました。

子供たちはダンボールに思い思いの絵を描いたりして完成させました。

 

 

 

 

 

実験の終わりに、完成した空気砲を使ってチーム対抗の的あてを行い、得点を競い合いました。

 

 

 

 

 

二つ目の実験は『リニアモーターカー』です。

委員会からリニアモーターカーの原理について説明を聞いた後、用意された実験道具の実演をしました。

電池をつないで実際に動く様子を見て、大人も子供も歓声を上げていました。

 

 

 

 

 

それぞれの家族に実験道具が配られ、手こずりながらも完成させました。

 

 

 

 

 

実験後は懇親会に移りました。

荻根澤監査役の「いただきます」の挨拶の後、会員の家族同士で話をしたり、子供達が走り回ったりと、にぎやかな昼食となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に例会を主管した特別企画委員会の浅野委員長より「三条エコノミークラブの『よく学び、よく遊べ』という精神を、会員のお子様にも感じてもらいたかった。実験を通じて笑顔の輪を広げられた例会になったと思う。」と挨拶がありました。

 

 

 

 

 

普段会うことの少ない会員の家族同士が科学実験という作業を通して協力しあうことで、自然と交流が生まれており、参加者全員が笑顔になれる例会となりました。

広報委員会 小山 公一

Share Button
2017年9月12日