第3グループ3月例会レポート

平成30年3月26日(月)、リサーチコア4階異業種交流プラザ2・3にて『選ばれる企業になるには』をテーマに、株式会社サマンサハート 代表取締役 高橋真由美様をお招きし、第3グループ3月例会を開催いたしました。

 

始めに今回の企画担当者の長谷川幹事より、「企画を考えるにあたり、自企業に足りないことは何かと考えたところ、展示会などで名の知れた企業に敵わないことが多かった。そこに勝つ為にブランド力を構築することで選ばれる企業になりたい。」と想いを発表しました。

 

 

 

 

 

続いて講演に移りました。自己紹介から会社の概要についてご紹介を頂きました。そして「先行き不安な現代において『価値』が変わり始めています。今は物の豊かさより心の豊かさが重視され、毎日の生活を充実させて楽しみたい人が増えています。その中でお客様に選ばれるには、売るのではなく買いにきてもらう仕組み作りが大事です。」と述べられました。その中でもお客様とのコミュニケーションを作ることが大事で、そして選ばれている企業の現状を例にとって紹介していただきました。

 

 

 

 

 

その後、「ブランドとは何か?『SONY』と言われて何を連想しますか?」という質問を各テーブルのグループで話し合い、発表しました。そして「連想の時に『最初に思いついたもの』それが他社と自社との商品あるいはサービスを識別させる『ブランド』になります。」と述べられました。それからブランド戦略の為の3ステップをお話いただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

質疑応答では川崎くんから「ブランド力を付ける為に自社の分析だけではなく、他社の分析も必要でしょうか?」との質問に、誠実かつ適切なアドバイスをいただきました。

 

 

 

 

 

最後に岩瀨リーダーより「今日の講演から、自社のブランドは既にあるのに見えてなく気付いていないだけだということが分かりました。先ずは自社を見つめ直すことが重要で、それが自分達の会社の成長に繋がるのだと思いました。そして今日の例会のように色んなことを知ることが今年の第3グループのテーマでもある『不撓不屈』の挫けない心を育んでくれると思いました。」との挨拶で例会を締めくくりました。

 

 

 

 

 

例会終了後はわらん県央かぐや店にて高橋講師にも同席頂き、懇親会が行われました。質疑応答の時間では聞けなかったことなどを伺おうと、名刺交換に行く会員が多く見られました。

 

今まで、ひた向きに良い物を作ればそれがブランドになると思っていましたが、先ずは自社のことをもっと掘り下げて知り、そしてそこからターゲットを見据えるなどのブランディングを活用することが大事だと学ぶことが出来ました。

 

広報委員会 山家 弘三

Share Button
2018年4月5日